施工管理の仕事は人付き合いが重要!職人さんと上手く付き合うポイント

2021-05-20

  • 働き方

建設現場では職人さんや専門の工事業者など、たくさんの人が働いています。

そのような環境のなかで、施工管理は工事が滞りなく進むよう、工期や安全などの管理を行ないます。建設現場の全体をまとめるため、立場上、各関係者と上手く付き合うことが重要になってきます。

しかし、施工管理の仕事に携わる人のなかには、年上の職人さんとの人間関係が上手くいかず、1人で悩む方も珍しくありません。今回は、施工管理の仕事が向いている人のタイプ、施工管理が人間関係で悩む理由、職人さんと上手く付き合う方法について解説します。
 

■施工管理の仕事内容&施工管理に向いている人とは?

そもそも、施工管理はどのような仕事なのでしょうか?施工管理に向いているタイプも合わせて紹介します。

 

◇施工管理の仕事内容

施工管理は建設現場の全体的な管理を担います。基本的な仕事内容は、工期・原価・安全・品質の4大管理です。

決められた工期までに事故なく作業を完成させるため、工期のスケジュール調整や適切な人員配置、進捗チェックなどを行ないます。原価管理は人件費や材料費を管理し、利益を確保する重要な仕事です。安全管理では、事故防止のための設備を整えることや、危険箇所の注意喚起、点検や声かけを行ないます。品質管理では材料を使う環境を整えること、完成時の建物の強度や密度が基準値を満たすように管理する重要な仕事です。

施工管理は午前中に現場を巡回し、工事写真の撮影や職人さんへの指示、進捗状況などを確認します。そのほかに、発注者との打ち合わせや事務作業と、膨大な業務を日々遂行しているのです。
 

◇施工管理の仕事内容

施工管理は建設現場の全体的な管理を担います。基本的な仕事内容は、工期・原価・安全・品質の4大管理です。

決められた工期までに事故なく作業を完成させるため、工期のスケジュール調整や適切な人員配置、進捗チェックなどを行ないます。原価管理は人件費や材料費を管理し、利益を確保する重要な仕事です。安全管理では、事故防止のための設備を整えることや、危険箇所の注意喚起、点検や声かけを行ないます。品質管理では材料を使う環境を整えること、完成時の建物の強度や密度が基準値を満たすように管理する重要な仕事です。

施工管理は午前中に現場を巡回し、工事写真の撮影や職人さんへの指示、進捗状況などを確認します。そのほかに、発注者との打ち合わせや事務作業と、膨大な業務を日々遂行しているのです。
 

◇施工管理に向いているタイプとは?

施工管理は建設の知識があることのほか、ベテランの職人さんや若手の職人、専門工事の業者、発注者など、たくさんの人とのやりとりを必要とします。そのため、立場や年齢が違う人々が働く現場をまとめるため、円滑なコミュニケーションがとれるスキルが求められます。ただし、人の意見を聞く力だけでなく、施工管理として自分の意見をはっきりと言えることも大切です。

先頭に立ってまわりを引っ張るリーダーシップ、職人さんをやる気にさせるマネジメント力がある人も、施工管理に向いているといえるでしょう。また、工期厳守のために必要なスケジュール管理能力、事故を未然に防ぐリスク管理能力も必要なスキルです。

また、以下のタイプも施工管理に向いています。

・    不測の事態にも臨機応変に対応できる
・    複数の仕事を並行できるマルチタスクが可能
・    細かい部分に気がつく
・    気配り上手
・    年上に可愛がられることが多い
・    整理整頓が得意
・    メンタルが強い

 

■施工管理が人付き合いに悩む理由

施工管理が働くうえで、人間関係で悩みやストレスを感じる理由を見ていきましょう。

 

◇職人さんとのコミュニケーション能力が難しい

前述のとおり、施工管理はさまざまな人とコミュニケーションをとりながら、円滑に工事を進める責任があります。
しかし、ベテランの職人さんは気難しい性格な人も多く、職人さんから怒られると指示出しにストレスを感じる施工管理も多いといいます。

なお、建設現場では強い口調で怒られたり、嫌味を言われたりする環境です。建設現場の環境が良くないのは、人間関係がギクシャクしているケースもあります。しかし、気の緩みが事故につながるという理由から、ピリピリした雰囲気になることもあるのです。正当な理由があったとしても、こういった環境が苦手な場合はストレスを感じます。
 

◇相談する人がいない

施工管理は建設現場と事務所の間で、直行直帰することが一般的です。そのため、同じ会社の人とコミュニケーションをとる機会が少ない場合があります。

現場ではトップの立場で現場をまとめるため、相談する人が近くにおらず、孤独になってしまうケースも少なくないようです。人間関係などの多くの問題を1人で抱え込んでしまう危険性もあります。

 

■施工管理が職人さんと上手く付き合うポイント

施工管理は職人さんと良い関係を築くことで、仕事がスムーズに進みます。そこで、職人さんと上手く付き合うために、施工管理がすべきことを見ていきましょう。

 

◇ベテランの職人さんに敬意を払う

施工管理を勤めていると、ベテランの職人さんに怒られる、そんな経験が何度もあることでしょう。しかし、ベテランの職人さんは、理由もなく怒っているわけではありません。施工管理の段取りの悪さや、安全管理ができていないなどの理由で怒る場合があるのです。

職人さんは施工管理の部下ではなく、施工の専門職として敬意をもって接することが重要です。年上の職人さんには敬語で話す、大きな声で挨拶するなど、人同士の付き合いを重視しましょう。
ベテランの職人さんは施工のプロとして、誇りをもって仕事しています。職人さんと対等な立場で付き合い、お互いの仕事をリスペクトすることが大切です。

また、自分から職人さんに積極的にコミュニケーションをとりながら、ベテランならではの知識を学ぶ姿勢も必要です。施工管理として経験が浅い場合、現場の事情に精通するベテランの職人さんの知識は将来の大きな糧になります。
 

◇施工管理として仕事のやる気を見せる

誰よりも早く現場に到着する、率先して掃除を始めるなど、施工管理としての気概を仕事で見せることが大切です。人間関係が上手くいっていないと感じるときこそ、真剣に仕事に取り組みましょう。

やる気に満ちた仕事ぶりを見せると、ベテランの職人さんは必ず評価してくれます。毎日の積み重ねにより、反発していた職人さんもやがて協力的になるはずです。

また、施工管理として、自信をもった態度で仕事することも大切です。不安そうな態度で仕事していると、職人さんに「頼りない」と思われてしまいます。自信があるように振る舞うことは、人を動かす施工管理にとって重要な要素です。
 

◇お願いするときは頭を下げる

急な変更などで職人さんに指示を出す場合、必ず頭を下げてお願いしましょう。そもそも職人さんは施工管理の部下ではないため、命令口調でお願いしても誰も聞き入れてくれません。頭を下げて心からお願いすると、職人さんも手を止めて話を聞いてくれるでしょう。

 

■まとめ

建設現場では施工のプロである職人さんや専門の工事業者など、日々多くの人が働いています。そのなかでも、施工管理は建設現場で人員や安全、原価などを管理する重要な仕事です。工期までに事故なく建物を完成させるには、施工管理として働く人達と良好な関係を築くことが大切になります。

職人さんは施工管理の部下ではなく、施工のプロとして対等な立場で付き合うことが求められます。職人さんとの関係が上手くいっていない施工管理は、付き合い方や仕事への姿勢を見直してみましょう。
 


 

 

ご希望のお仕事は見つかりましたか?

お仕事探しはキャリアアドバイザーに
ご相談下さい。

キャリアアドバイザーにご相談頂くと、ご希望の条件のお仕事を探したり、ご希望に沿うように直接交渉することも可能です。お一人おひとりにとって「こころから納得のいく転職」を実現するために、しっかりとサポートさせて頂きます!

一人で探すよりも、スピーディー、
且つ好条件なマッチングを実現します。

  • 全国対応!
    対面での個別相談
  • 条件に合わなくても、
    交渉はおまかせ!
  • エキスパートだから、ぴったりなお仕事を
    スピーディーに紹介!
アドバイザーに相談する
当サイトは株式会社コプロ・ホールディングスグループ(東証・名証一部)が運営する、建設業界に特化した転職求人サイトです。勤務地、職種、給与など、あなたの希望条件にマッチした求人検索が可能です。キャリアアドバイザーにご相談頂くと、転職のエキスパートがあなたのご希望に合う求人を紹介します。新着求人や建設業界の最新情報など、登録無料で情報をお届けします。